焼酎の飲み方
  • HOME
  • >
  • 焼酎の飲み方

焼酎を楽しむ

焼酎の飲み方や楽しみ方は、飲む人の好みによって千差万別です。焼酎に関するさまざまな情報を得ることで、よりバラエティーに富んだ楽しみ方ができるのではないでしょうか。ここでは、焼酎の飲み方から、最適な肴(さかな)まで、焼酎を楽しむための情報を紹介いたします。

焼酎の飲み方

焼酎の特徴は、そのままでも薄めても、冷やしても温めても楽しめるということです。完全に決まった飲み方というものがなく、好みに合わせて好きなようにアレンジできるというのも大きな魅力なのではないでしょうか。例えば、水割りで飲んだ時は苦手に感じても、ソーダ割りにしたら美味しく感じるなど、焼酎1本で、その楽しみ方は無限に広がります。いろいろと試して、自分なりの焼酎の楽しみ方を見つけてみましょう。ここでは、代表的な焼酎の飲み方を紹介します。

img01

ストレート

焼酎の持つ香りや味をダイレクトに楽しみたいのなら、やはりストレートで飲むのが1番です。ストレートに適した焼酎には、米焼酎・麦焼酎・泡盛などがあります。ただし、アルコール度数が高めなので、一気にたくさん飲むのは控えた方が良いでしょう。小さめのグラスで香りや味を楽しみながら、じっくり飲むのがオススメです。

 

 

 

 

img02

ロック

焼酎の香りや味をしっかり楽しみながら、水割りも楽しみたい方にはロックがオススメです。ロックに適しているのは、やはり“イモ”です。氷が入ったグラスに焼酎を注いだ直後にはストレートの味わいを。そして氷が溶けてくると、冷たい水割りの風味を楽しむことができます。氷の溶け具合による風味の変化を楽しむためにも、溶けにくい大きめの氷を使うことをオススメします。

 

 

 

img03

お湯割り

焼酎の飲み方の定番とも言えるのがお湯割りです。焼酎とお湯の割合は基本的に「焼酎6:湯4」と言われていますが、焼酎の種類や銘柄にもよるようです。しかし、比率にこだわるより、自分がおいしく飲むことができる比率を探求してみるのも面白いのではないでしょうか。また、お湯割りを最も美味しく飲める温度は40℃前後と言われています。

 

 

 

img04

水割り

基本的に、アルコール度数が高い焼酎を自分に合った濃度にできるのが水割りのメリットです。水割りにすることで、香りが強い焼酎も、やわらかな香りにすることができます。水割りを美味しく楽しむためには、やはり水にこだわるべきでしょう。また、水割りによく合う水として、ミネラルウォーター(軟水)をオススメします。また、焼酎も水も冷蔵庫で冷やしておくと、より美味しく味わえます。

 

 

 

img05

ソーダ割り

ソーダ割りは、炭酸によってカクテル感覚で焼酎を楽しめるため、女性からの人気も高い飲み方です。ソーダに加えてレモン果汁などを使用することで、お酒が苦手な方でも飲みやすくすることができます。焼酎本来の香りをストレートに楽しみたい方にはオススメできませんが、炭酸による爽やかな味わいにはファンが多いようです。

 

 

 

 

img06

緑茶割り

緑茶割りは、その名の通り焼酎を緑茶で割る飲み方です。緑茶で割ることにより、緑茶の苦みと焼酎の旨味がバランスよく混じって、飲みやすい味と香りになります。多少クセのある焼酎でも緑茶割りによって、そのクセを気にせずに飲むことができるため、女性からの人気も高いようです。

 

 

 

 

img07

パーシャル・ショット

「パーシャル・ショット」とは、冷凍庫で冷やして飲むという飲み方です。アルコール度数が高い焼酎なら、ボトルごと冷凍庫に入れておいても凍りつくことはありません。冷やした焼酎を、同じく冷やしたグラスに注ぐと、トロッとした濃厚な味わいを楽しむことができます。また、食後酒として楽しむのが最もふさわしい飲み方だと言われています。

 

 

 

img08

カクテル風

焼酎を自分の好みに合わせて、お洒落に楽しみたいのならば、カクテル風にしてはいかがでしょうか。割り方を調節すれば、アルコールが苦手な方でも安心して飲めますし、色合いを工夫して華やかさを追求するのも楽しい飲み方です。基本的な割合としては「焼酎:その他=1:4」を目安にすると良いでしょう。