焼酎の肴
  • HOME
  • >
  • 焼酎の肴

焼酎の肴

焼酎を楽しむために欠かせないのが、肴(さかな)になる食べ物です。ここでは、焼酎の味と香りをさらに引き立てる鹿児島の一般的な焼酎の肴を紹介します。

img01

ガランツ

「ガランツ」というのは、イワシ類を丸干しして作るおつまみを指し、カラカラに乾燥していることからこう呼ばれます。基本的に天然のイワシを使用して作り、カルシウムなどのミネラルが非常に多くに含まれています。軽くあぶって、頭から尻尾まで全て食べることができるため、手軽に楽しめるおつまみとして親しまれています。

 

 

 

 

img02

キビナゴ

「キビナゴ」とは、ウルメイワシ科に属する7cm~8cmほどの魚を指します。だいたい2月~3月あたりが旬だとされていますが、一年中獲れる魚でもあります。刺身にして酢味噌で食べたり、天ぷらにしたり、軽く塩をふって焼いたりなどバラエティー豊富な楽しみ方ができるのが特長です。

 

 

 

 

つけあげ(さつまあげ)

「つけあげ」とは、いわいる「さつまあげ」のことですが、鹿児島では「つけあげ」と呼ぶのが一般的です。つけあげの由来には、琉球料理から来たものだとか、はんぺんやかまぼこをヒントに作られたとか、さまざまな説があるようです。魚のすり身に地酒と調味料を加えて、デンプンや豆腐を混ぜて練った後、ニラ・卵・みりんで味付けします。そうしてできた生地に、人参やごぼうを挟んで油で揚げるとできあがりです。シャキシャキした歯ごたえと、ほんのりとした甘味がたまらないおつまみです。

鶏さし

「鶏さし」というのは、その名の通り鶏を刺身にした料理を指します。新鮮な魚が獲れない地域で、魚の刺身の代わりに鶏の刺身をお客さんに出したことから始まったそうです。地鶏の皮に少し焦げ目がつく程度に焼いて刺身状に切り、ショウガ醤油やニンニク醤油で食べるのが一般的です。

img03

豚骨

「豚骨」とは、ぶつ切りにした骨付き豚肉を、大根やこんにゃくなどと一緒に煮込んで作る鹿児島の郷土料理です。もともとは薩摩武士たちが、戦場などで作り始めたことから広まったとされ、その歴史は300年にもなります。とろけそうに柔らかな豚肉と、大根などの味がお互いを引き立て合った、焼酎と相性の良い料理です。

 

 

 

 

豚骨

「豚骨」とは、ぶつ切りにした骨付き豚肉を、大根やこんにゃくなどと一緒に煮込んで作る鹿児島の郷土料理です。もともとは薩摩武士たちが、戦場などで作り始めたことから広まったとされ、その歴史は300年にもなります。とろけそうに柔らかな豚肉と、大根などの味がお互いを引き立て合った、焼酎と相性の良い料理です。