幻の芋焼酎紹介

※画像をクリックすると詳しい情報が見られます

  • HOME
  • >
  • 幻の芋焼酎紹介

森伊蔵

img01

「森伊蔵」は、販売本数が非常に少ないため入手困難な「幻の芋焼酎」として知られる逸品です。かめ壷で熟成発酵させたまろやかな味わいが特徴です。ちなみに、銘柄名は森伊造酒造の四代目当主の名が由来になっています。

 

 

 

 

 

 

村尾

img02

「村尾(むらお)」は、「森伊蔵」「魔王」と並んで“芋焼酎の3M”としてよく知られるプレミアム銘柄の1つです。明治35年創業の村尾酒造の産で、村尾酒造は製造に用いる蒸留器を何度も改良していることで知られます。上質な味への挑戦はとどまることを知らず、「常に進化し続ける銘柄」と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

魔王

img03

「魔王」は、まろやかな風味とひきしまった余韻が特徴の芋焼酎です。樽で焼酎を熟成する際に蒸発してしまう分を「天使の分け前」と呼びますが、この天使すら誘惑する焼酎として「魔王」と名づけられました。

 

 

 

 

 

 

 

佐藤

img04

黒麹仕込み独特の力強さとしっかりしたボディを表現し、コガネセンガンの香ばしい香りとインパクトのある甘さを持った「佐藤」。その力強い香りと味わいに加え、丁寧な熟成による繊細で滑らかな舌触りを持たせ、重厚な飲みごたえを感じさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

萬膳

img05

「萬膳 (まんぜん) 」は、桶蒸留によって丹念に作り上げられた黒麹仕込みの焼酎です。ほのかにフルーティな香りと、黒麹の深い味わいが嫌味なく主張し、全体的にクセが少なく飲みやすいのが特徴です。「味・香・甘み」のすべてにおいて見事にバランスが取れている、最高の焼酎だと言えます。

 

 

 

 

 

 

月の中

img06

「月の中」という銘柄の由来は、宮崎県西都市下三財の地名である「月中(げっちゅう)」から来ています。しっかりとした旨味があり、どことなく懐かしさを感じさせる焼酎に仕上げられています。まさに通好みの、芋焼酎好きがうなる味です。