地域別の焼酎
  • HOME
  • >
  • 地域別の焼酎

地域別の焼酎

img01

鹿児島

鹿児島は、焼酎発祥の地として知られています。現在でも、温暖な気候のため芋焼酎の原料となる“から芋”が育ちやすく、「芋焼酎と言えば鹿児島」と言われるほどの生産地です。歴史的にも消費量からも、焼酎に関しては日本一ということができます。

 

 

 

 

 

img02

宮崎

宮崎の焼酎の特徴は、地域によって異なる原料から作られていることです。南部では鹿児島と同じく芋焼酎、中部では芋焼酎と米焼酎、熊本に近い西部では米焼酎、大分に近い北部は蕎麦・麦・トウモロコシ・粟などが親しまれています。

 

 

 

 

 

img03

熊本

熊本の焼酎として、名高い米焼酎である「球磨焼酎」を挙げる方が多いのではないでしょうか。球磨焼酎の産地として知られる人吉市の隣は、日本最古の「焼酎に関する記録」が発見された鹿児島県大口市になります。その点からも、歴史的に正統派米焼酎の産地だと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

img04

大分

大分の焼酎として最も有名なのは「むぎ焼酎」です。しかし、大分ではもともと清酒の方が定着しており、焼酎の製造が始まったのは、実はごく最近なのです。それでも焼酎ブームの波に乗り、住民の運動の甲斐もあって、今ではむぎ焼酎の産地として非常に有名になりました。

 

 

 

 

 

長崎

長崎は、一般的には清酒の製造で知られています。しかし、長崎の中でも壱岐だけは“むぎ焼酎の島”と呼ばれるほど焼酎造りの歴史が深い場所になっています。壱岐は長崎の焼酎生産高の90%近くを造り出していることでも有名です。

福岡

福岡では、もともと清酒造りを盛んに行っていました。清酒造りによってできた酒粕を蒸留することで、いわいる「粕取焼酎」造りが始まったのです。しかし、最近では粕取焼酎の生産量は減少し、その代わりむぎ焼酎を始めとする、さまざまな種類の焼酎が生産されています。近年では、福岡の特産品として「ゴマ焼」が知られています。

沖縄

沖縄の焼酎と言えば、誰もが泡盛を想像するのではないでしょうか。泡盛とは“黒麹菌”を使うことで発酵させたもろみを蒸留した焼酎を指します。泡盛は、15世紀に中国から伝わり、始まったとされています。そのため、本土の焼酎よりも古い歴史を持った焼酎であると言えます。

長期熟成 幻の芋焼酎紹介(鹿児島編)

日本の焼酎発祥の地として知られる鹿児島。その歴史と長年の技術研鑽によって、「幻の焼酎」と呼ばれるほどの名品がいくつも誕生しました。ここでは、長期熟成によって製造された「幻の焼酎」を紹介します。詳しくはこちらから。

売れ筋ランキング

「焼酎ブーム」という言葉も生まれるほど、お酒の中でも非常に人気が高い焼酎。ここでは、特に人気が高い焼酎をランキングにして紹介します。詳しくはこちらから。